Audibleの返品回数

【Amazonスゲェ!】Audible(オーディブル)の 返品できる回数は?条件や手順も紹介!

  • 2021年6月14日
  • 2021年6月16日
  • Amazon
しんきち
Audibleの返品ってどれくらいできるんだろう。回数の上限はあるのかな?

 

Yusuke
お任せ下さい!
私の実体験やネット上の情報をこの記事でまとめています。

 

 

本記事で分かる事

 Audibleの返品できる回数

 Audible返品の条件

 Audible返品の手順

 

最初の1冊は無料で聴ける。

Amazonが提供するオーディオブックサービス、Audible

 

実は、返品できる制度があるって知っていましたか。

間違って購入したしまったならまだしも、聴き終わって満足できなかった作品も返品できるんです。

ちょっとやり過ぎなくらい、素晴らしいサービス。

しかも返品できるのは、一度きりではありません。

 

本記事では、返品できる回数や条件、その方法を紹介していきます。

どうぞ最後までご覧下さい。

 

\30日間の無料体験はこちら/

 

この記事を書いている人

Yusukeのプロフィール

スポンサーリンク

Audibleの返品できる回数は?

 

Audibleとは、Amazonが提供するオーディオブックサービスのこと。

毎月1つのコインが付与され、どんな本とでも交換ができます。

交換した本がもし自分の思っていた内容と違っていたり、音飛びなどのエラーが発生した場合は、返品をすることができます。

しかも、一度ではなく複数回…。

 

しんきちしんきち
それは、凄いサービス!
実際に何回、返品することが出来るの?

 

Yusuke
返品は5回以上、可能です!
私の実体験やネット上の口コミなど詳しく紹介していきますね。

 

筆者の場合:返品は8回

Audibleの返品回数
実際に何回返品できるのか、私自身が実験してみました。

 

Audibleの返品回数
ずばり、8回できました。
9回目の返品をしようとした所、不可の表示が出現。

Audibleは最初30日間の無料体験でコインが1つ付与されます。

1つのコインと本1冊の交換となるので、本来は無料体験で聞ける本は1冊のみ。
しかし、返品の制度を知っているだけで何冊も聴くことができちゃうことが判明しました。

ネット上の口コミ:返品は5回以上

Audibleの返品回数

 

ネット上の口コミもチェック!

大体、5回以上の返品はOKですが上限の回数はハッキリとは決まっていない感じ。

中には、18回という人も…。

特に参考になった口コミを掲載しておきますね。

 

 

 

Audibleの返品には条件があります!

Audibleの返品は、誰でもどんな時でも出来るわけではありません。

そりゃそうですよね。

制限なく返品できてしまうと、まさに無法地帯と化してしまうので。

 

ずばり、返品に必要な条件はこちらになります。

 

  •  会員であること
  •  購入後365日以内
  •  音声に関する問題あり
  •  コンテンツに不満
  •  間違って購入

返品の条件①:会員であること

Audibleの返品回数

 

返品の条件として、Audibleの会員であること。

ということは、Amazon会員でないと返品できません。

 

Amazon会員は、プライム会員(有料)である必要はないです。

会員の登録をしていない人はこちらのページからでも申し込みできます。

 

また、Audibleには一時的にサービスを停止できる休会の制度があります。

休会中の返品は、カスタマーサービスのみに限定されるので紹介するパソコンサイトからの手続きはできません。

返品の条件②:購入後365日以内

Audibleの返品回数

 

条件の2つ目は、本を購入してから365日以内であること。

何と1年間も猶予があるんです。

個人的には、1ヶ月もあれば十分かと思うのですが流石はAmazon!

太っ腹ですね。

1年後にやっぱり返品します~って通用するのは、Audibleくらいかと。(笑)

返品の条件③:音声に関する問題あり

Audibleの返品回数

 

返品の3つ目の条件は、音声に関する問題が発生していること。

抽象的で分かりにくいかも知れませんね。

要は、音飛びなどがある場合。

 

デバイス自体に問題があるかも知れないので、別の端末でも音飛びが発生すれば、返品の手続きをしてみましょう。

原因がデバイスだった場合は、どの本を選んだとしても聴けない可能性が高いです。

返品の条件④:コンテンツに不満

Audibleの返品回数

 

正直、驚いています。

4つの目のコンテンツに不満という条件。

簡単に言うと、「途中まで聞いたけど自分の思っていたのと違う!」理由で返品できちゃうんです。

 

凄くないですか。

Amazonのホスピタリティ!(笑)

満足した人以外は、返品を受け付けるスタンスは凄すぎです。

返品の条件⑤:間違って購入

Audibleの返品回数

 

返品の条件5つ目は、間違って購入した場合。

これまでは、少しやり過ぎている条件ばかりでしたよね。(笑)

とはいえ、間違って購入しても返品の期限は365日。

 

逆に、返品不可の場合を教えて欲しいくらい、何でも返品できることが判明。

書いちゃっていいんだろうか…。

Audibleの返品方法!回数に関係なく全て一緒でOK!

この章では、Audibleの返品方法について紹介します。

今回は、無料体験で付与されるコインを使って本を購入しました。

 

返品に関しては1回目でも5回目でも、一緒の流れになるので回数は気にしなくてもOKです。

ちなみに、返品はパソコンサイトのみとなり、アプリからは手続きできないので注意してください。

 

それでは順に、説明していきますね。

 

Audibleの返品方法

まずは、Audibleのサイトへアクセス。

 

ページトップ上の○○さん、こんにちはをクリックしてアカウントサービスを選択。

 

Audibleの返品方法

左側の購入履歴(返品)を選択して、返品するをクリック。

 

Audibleの返品方法

返品するをクリック。

 

Audibleの返品方法

OKをクリック!

以上で返品の手続きは完了です。

最初にクリックする場所さえ分かれば、後は流れ作業で大丈夫です。

 

Audibleの返品方法

無事に返品が完了するとコインの数が1つ増えて(戻って)いるはず。

まとめ:Audibleの返品は常識の範囲内で!

Audibleの返品は、1度だけではなく複数回可能です。

しかし故意に返品を繰り返すと、アカウント停止の可能性もあるので、常識の範囲内に留めましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、Audibleの返品の回数について紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

\30日間無料/

 

 

スポンサーリンク

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事


Yusuke
合わせてこちらもご覧ください!
関連記事

 しんきち本を読む(読書)のではなく、聞く読書というのが流行っているみたい。そのサービスは僕に向いているのかな? Yusukeずばり流行ってます!今回はAmazonが提供す[…]

Amazon Audibleをオススメする人
関連記事

 しんきちAmazonプライムの登録を考えているんだけど、入る前にデメリットを確認しておきたいな。 Yusuke登録前に知っておきたい内容ですよね。お任せ下さい!Amazo[…]

Amazonプライムのデメリット