ロードバイクのアップグレード

【予算別】ロードバイクのアップグレード!コスパがいいパーツをサイクリストが厳選!

  • 2021年4月26日
  • 2021年10月28日
  • 自転車
しんきち
ロードバイクにハマってしまって、パーツのアップグレードを考えているんだけど、どれがいいかな?

 

Yusuke
その気持ち、とても分かりますよ!
お任せ下さい!
予算別にコスパがいいパーツを紹介しますので良かったら参考にしてみて下さい。

 

本記事で分かる事

  • 予算別のアップグレードパーツ

 

ロードバイクにハマると、パーツのアップグレードは誰もが考えることでしょう。

 

しかし、ロードバイクのパーツは高価なモノばかりですね。

本記事ではできるだけコスパ良くアップグレードできるように予算別で紹介していきます。

 

アップグレードするパーツによっては、ロードバイクを買い替えたかのような効果を発揮してくれるでしょう。

 

それでは、どうぞ最後までごらんください。

スポンサーリンク

ロードバイクのアップグレードは、1つずつ!

 

ロードバイクに乗りハマってくると、誰しも考えるパーツのアップグレード。

 

初めてアップグレードする人には、特にお伝えしたいことがあります。

それは、アップグレードは1つずつがおすすめです。

 

パーツによって値段はバラバラですが、どれも決して安いモノではありません。

中には10万円を超えるパーツまであるのですが、その効果は絶大です。

高価なだけあってアップグレードをすると、明らかに乗り心地(速さ)の違いが分かります。

 

しかし一度にまとめてアップグレードしてしまうと、どのパーツの効果があったか分かりにくくなってしまうんですよね。

 

アップグレードは、パールを変える度に感動できるので1つずつ段階的に行うのがオススメです。

予算1万円で買えるアップグレードパーツ

ロードバイクのアップグレード

 

予算1万円でロードバイクをアップグレードできるパーツをまとめてみました。

残念ながら、ロードバイクのパーツは高価なモノが多いので、予算1万円以内ではアップグレードできる内容も限られてしまいます。

 

しかし、決してゼロではありません。

私がオススメするパーツは全部でこちらの3種類です。

 

予算1万円

  1.  タイヤ
  2.  バーテープ
  3.  ボトルケージ

 

それでは、1つずつ深堀していきますね。

予算1万円で買えるアップグレードパーツ①:タイヤ

1万円で買えるアップグレードパーツの1つ目は、タイヤです。

 

タイヤはロードバイクと道路が接触するパーツの中でも非常に重要な部分となります。

消耗品でもある為、約3,000km~4,000kmに一度は交換をしないと落車して大きな事故になってしまう可能性があります。

 

ロードバイクに乗り始めるとタイヤは必要経費です。

年に1度くらいは変えないといけないパーツと覚えておきましょう。

 

ちなみに、タイヤの種類は沢山あるのですがサイクリストが声を揃えてオススメしているのが、こちらのコンチネンタルのグランプリ5000ですね。

迷ったらコンチネンタルのグランプリ5000を選んでおけば、間違いないでしょう。

 

予算1万円で買えるアップグレードパーツ②:バーテープ

1万円の予算で効果を感じやすい箇所はハンドル周り。

中でも、直接手と触れるバーテープを変えるだけでライドによる疲労を軽減することができます。

 

サイクリストで人気が高いのは、SUPACAZ(スパカズ)。

こだわりがなければ、Amazonとかで探すと1,000円ほどで売ってはいるのですが、SUPACAZのグリップ力の良さは誰もが太鼓判を押しています。

 

SUPACAZ (スパカズ) スーパースティッキークッシュ ギャラクシーレッド バーテープ

 

バーテープは、ロードバイクのパーツの中でも汚れたり汗がしみ込んだりと劣化が早い箇所になります。

どうせ変えるなら、少し良いバーテープに変えてみてはいかがでしょうか。

もっとオススメのバーテープが知りたい人はこちらも合わせてご覧ください。

>>【おすすめ10選】ロードバイクのバーテープ!おしゃれなモノだけ厳選!

予算1万円で買えるアップグレードパーツ③:ボトルケージ

予算1万で買えるアップグレードパーツの3つ目は、ボトルケージです。

 

ぜひ、バーテープと同系色に揃えてオシャレなロードバイクにアップグレードしてみて下さい。

見た目がカッコよくなるとテンションも上がりますよね。

 

しかも、ボトルケージは見た目だけではなく予算1万円なら憧れのカーボン素材にしてもお釣りがきます。

見た目だけでなく重量も軽くできるので、ボトルケージのアップグレードはスペック面でもオススメですよ。

 

予算5万円で買えるアップグレードパーツ

ロードバイクのアップグレード

 

5万円の予算があると、ロードバイクのアップグレードできるパーツの種類が増えてきます。

 

中でも効果が高いと感じる、パーツがこちらの5種類です。

 

予算5万円

  1.  ハンドル
  2.  サドル
  3.  ペダル&シューズ
  4.  サイクルコンピューター
  5.  パワーメーター

 

アップグレードのパーツで良く耳にするホイールもこの価格帯で購入することができますが、ぶっちゃけ私はそんなに効果を感じませんでした。

ホイールは、この価格帯ではなく次の価格帯(予算10万)で紹介しますね。

 

話が少しそれましたが、5つのパーツについて深堀していきます。

予算5万で買えるアップグレードパーツ①:ハンドル

5万円の予算で買えるアップグレートのパーツ、1つ目はハンドルです。

アルミのハンドルを使っている場合は、カーボンの振動吸収性にビックリするでしょう。

 

特にロングライドをした時、終わった後の手のしびれ具合が全然違います。

路面が荒いコンクリートで手がガタガタと震えて困っている人にはオススメです!

ワイヤーを内装化(ハンドルの中に入れる)できるエアロタイプのハンドルであれば、見た目も一段とカッコよくなりますよ。

 

予算5万で買えるアップグレードパーツ②:サドル

予算5万円の中でサドルは、費用対効果が大きいパーツの1つです。

ハンドルと同じく5万円の予算であれば、カーボン素材のサドルをつけることが可能です。

 

おすすめなのが、fizik (フィジーク )のANTARES。

お手頃値段で軽い&オシャレでどんなロードバイクにもあうでしょう。

 

 

ロードバイクのサドルは、アップグレードをしても薄いものが多いんです。

もしお尻が痛くて困っている人は、サドルではなくレーパン(レーサーパンツ)を一度見直してみましょう。

 

こちらで詳しくレビューしていますので、合わせてごらん下さい。

>>【レビュー】パールイズミのレーパンのサイズ感は?春秋用の983-3DEを購入!

 

予算5万で買えるアップグレードパーツ③:ビンディングペダル&シューズ

予算5万円でできるアップグレードの3つ目は、ビンディングペダル&シューズ

ここで紹介するシューズはSPD-SLのことを指します。

SPD-SLとは、シューズの底につけたクリート部分とペダルを「バチン!」とくっつけるシューズのことです。

 

この2つのパーツで足とペダルが一体化し、効率よくロードバイクにパワーを伝えることができるようになります。

 

ペダルとシューズも色々な種類やランクがあるのですが、シューズの方にコストをかけましょう。

ペダルに関しては軽くなる分高くなるのですが、性能はそれほど変わりはありません。

ガチ勢でなければ気にするレベルではないでしょう。

それに比べてシューズは、価格に比例して性能や素材も良くなりますので、お金をかけるならシューズです!

 

 

予算5万で買えるアップグレードパーツ④:サイクルコンピューター

5万円の予算でアップグレードするならサイクルコンピューターもオススメです。

 

ここで紹介するサイクルコンピュータは、スピードやケイデンスだけを測れる簡易的なものではありません。

心拍や消費カロリーなどのデータは勿論、気温や標高、ヒルクライムの時には重宝する勾配まで分かるハイエンドのサイクルコンピューターです。

 

グレードの高いサイクルコンピューターを手に入れることで、データ分析がより詳しくできてモチベーションアップにもつながりますよ。

サイクルコンピューターも色々なメーカーがありますが、迷ったらGARMINにしておけば間違いありません。

 

予算5万で買えるアップグレードパーツ⑤:パワーメーター

ロードバイク乗っていると少しでも速く走りたい!と気持ちが芽生えてきます。

 

そこで、効率的なパーツがパワーメーターになります。

簡単に説明すると自分が持っているパワーを数値化してくれるので、周囲と比較して客観的に脚力を測ることが可能です。

 

パワーメーターはペダルにつけるタイプとクランクにつけるタイプと分かれています。

両足の正確なパワーを計測したい場合は10万円以上になるのですが、こちらのクランクにつけるタイプならお手頃価格で買うことができますよ。

 

予算10万円で買えるアップグレードパーツ

ロードバイクのアップグレード

 

まだ完成車を買ってアップグレードをしたことがない。

予算が10万円の場合そんな人におすすめなのが、間違いなくホイールです。

コスパ最強!

 

私も一番最初のアップグレードは、ホイールを選びました。

鉄下駄(ノーマルホイール)からMAVICのキシリウムエリートにアップグレードしたのですが、最初は全く別のロードバイクに乗ったかのような乗り心地。

それまで、半信半疑だった「ホイール変えたら全然違うよ~」という先輩サイクリストの言うことに激しく納得しました。

 

ホイールをアップグレードする時、できれば費用は極力抑えたいですよね。

ホイールによって異なりますが、大体の場合はネット購入がお得です!

ワイズロードや海外通販のWiggleで衝撃の価格(半額以下とかたまにあります。)になっているホイールもちらほら。

 

ネットでお得にホイールを購入をして、馴染のお店で取り付けをしてもらうのも一つの手段です。

少し気まずいかも知れませんが…(笑)

大丈夫です!

ホイールはロードバイクの中でも非常に重要なパーツになるので、できるだけプロの人に一度はチェックしてもらいましょう。

 

ちなみに、海外通販はちょっと不安。

という人は、こちらも記事も合わせてご覧下さい。

>>Wiggleの評判や口コミはウソだった!?実際に買って検証してみた!

 

予算30万で買えるアップグレードパーツ

ロードバイクのアップグレード

 

予算が30万円ある場合は、ほとんどのパーツを買うことができます。

 

エントリーモデルであれば、もう1台ロードバイクを買ってもお釣りがくる価格帯です。

しかしロードバイクのパーツは高いんです。(笑)

特にホイールとコンポーネント関係は。

ホイールに関してはサイクリストの夢と言っても過言ではない、カーボンホイールに手の届くレベルです。

 

そんな青天井の雰囲気を放つロードバイクのパーツですが、予算30万あれば私は電動のコンポーネントをオススメします。

そうです、いわゆるDI2です。

コンポーネントを電動化することで変速の調整が不要になり、何よりギアチェンジに関してストレスフリーになります。

電動で切り替わるあの機械音がカッコよすぎです!

 

ちなみに、電動のコンポーネントをロードバイクに取り付ける作業はサイクリストにはハードルが高いですよね。

細かなパーツならまだしも、コンポーネント全体となるとプロにお願いすることを強くオススメします。

でも、通販って直接家に届いてしまうから…

部品だけを買って馴染みのショップで取り付けてもらえると思いますが、少し気まずいですよね。

 

安心して下さい!

そんな時はワイズロードを活用してみましょう。

 

全国に展開しているワイズロードならネットで注文して受け取りをショップしておけば、パーツを取り付けた状態でロードバイクを受け取れます。

パーツもお店で買っているので、これなら何も気まずいことはありませんよね!

 

\セールはこちら/

 

番外編!パーツのアップグレード以外にも速くできます!

 

アップグレードの目的は見た目であったり機能性UPであったりと様々です。

 

中でも機能性のアップを目的としてる場合は、パーツのアップグレード以外でも速く走れるようになるので番外編として紹介しますね。

番外編①:オーバーホール

ロードバイクを細かく分解して、隅から隅までピカピカにしていくオーバーホール

 

アップグレードではないのですが、3年以上乗り続けている人はアップグレードよりもオーバーホールを視野に入れた方がいいでしょう。

オーバーホールをすると、まるでアップグレードしたかのように乗り心地が良くなり、点検もしてくれるので安全面でも安心できます。

 

こちらの記事にてオーバーホールについて詳しく書いています。

良ければあわせてごらんください。

>>【保存版】ロードバイクをオーバーホール!費用や頻度はどれくらい?

番外編②:フィッティング

番外編としてフィッティングもオススメです。

フィッティングとは、精密な機械を使ってサドルの高さやステムの長さを微調整して最適なポジションを出すことです。

 

最適なポジションを出すことで、ロードバイクに効率的にパワーを伝えれるようになります。

また、ロングライドやブルべなどの長距離においても疲労感が全然変わってくるので、一度フィッティングしておくのをオススメします。

 

フィッティングは全国展開しているワイズロードでも「バイオレーサー」として取り扱っています。

詳しくは下記よりご覧ください。

 

\バイオレーサーはこちら/

 

ロードバイクのアップグレードは無限大!

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、予算別にコスパの良いアップグレードパーツを紹介しました。

 

 

ロードバイクのアップグレードは、格段に乗り心地が良くなったり、軽量化により速くなったりと楽しみが盛りだくさん!

同じロードバイクでもアップグレードすることで、ライドも新鮮な気持ちで臨めます。

 

さぁ、より良いロードバイクへとアップグレードして愛車にさらに磨きをかけちゃってください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


Yusuke
保険には入っていますか?
万が一の故障時でも安心!
ロードサービスがセットになっているZuttoRide CycleCallの記事はこちらです!

 

\月々換算、約283円/
ロードバイクの保険とロードサービス

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


ロードバイクランキング

スポンサーリンク

関連記事


Yusuke
合わせてこちらもご覧ください!
関連記事

 しんきちロードバイクを乗るときにおすすめの補給食を知りたいなぁ。 Yusukeお任せ下さい!本記事は、コスパを最重視したおすすめの補給食を①固形タイプ②ゼリータイプ③意外とイ[…]

ロードバイクおすすめの補給食
関連記事

美味しい食べ物や美しい景色を求めてのロングライド! 一人で行くソロライドでも友人や家族と一緒に行くグループライドでもどちらでも楽しいですよね。 そんな楽しいロングライドですが、ちょっとそこ[…]

ロングライドの必需品