あなたが今欲しいアイテムはこちら!Amazon特選タイムセールの会場へ

【おすすめ12選】ロードバイクに適した冬のグローブ!最強なのはどれ?

ロードバイクに適した冬の最強グローブ
しんきち

ロードバイクにおすすめな冬専用のグローブを探しているんだ。

Yusuke

僕に任せて!気温別ピッタリなグローブを紹介するね。

ロードバイクに乗る時、必要なグローブ。

機能面だけでなく安全面からもグローブの着用は、必須といっても過言ではありません。

しかし、さまざまなグローブが各メーカーから販売され、どれを購入したらいいか悩んでしまう人も多いでしょう。

本記事では、冬に最強なロードバイク用のグローブを気温別に紹介します。

良かったら参考にしてくださいね。

目次

冬に最強!ロードバイク用のグローブの選び方

冬に装着するグローブの選び方を紹介します。

注目するポイントはこちらの3つ。

後は、自分好みのデザインやメーカーで決めたので問題ありません。

それでは1つずつ深堀していきますね。

選び方①:乗る用途にあわせる

冬に装着するグローブの1つ目の選び方は、乗る用途にあわせることです。

ロードバイクに乗る目的は、近所をサイクリングしたり、遠い地へロングライドしたりと人それぞれ。

なかには、体を鍛えてレースに出る人も少なくないでしょう。

乗る目的が違うと、体温の上昇具合も変わってきます。

トレーニング目的で乗る人のグローブは、薄目でグリップがしっかりしているタイプを選びましょう。

逆に、近所をサイクリングしたりポタリングする人は、保温性に優れたグローブがおすすめです。

選び方②:気温を確認する

冬に装着するグローブの2つ目の選び方は、住んでいる地域の気温を確認することです。

たとえば、東北に住んでいるサイクリストが「冬に最強のおすすめグローブです!」と紹介していたとします。

同じ地域なら参考にしてもいいと思いますが、沖縄に住んでいる人には暑すぎです。

自分が住んでいる地域の気温を確認しておくと、グローブ選びで迷うことも少なくなるでしょう。

選び方③:通気性が優れている

冬に装着するグローブの3つ目の選び方は、通気性が優れていることです。

冬なのに通気性?と疑問に思うかもしれませんが、ロードバイクで走り続けると、体温が上昇しグローブの中で汗をかいてしまうことも……。

通気性の悪いグローブを買ってしまうと、汗冷えで手先が凍ってしまい危険です。

防寒性と通気性の両方を備えたグローブは、少し高めの価格設定となりますが、快適にロードバイクに乗るには必要出費として考えましょう。

【0~5℃向け】冬のロードバイクにおすすめの最強グローブ

ロードバイクに適した冬の最強グローブ

0~5℃の気温に適したロードバイクのおすすめ最強グローブを紹介します。

防寒性に重点をおき3つに絞りました。

グローブが分厚くてもしっかりとグリップ力があるアイテムを厳選しています。

それでは、順に紹介していきますね。

①:パールイズミ

0~5℃向けのおすすめロードバイクグローブ1つ目は、パールイズミです。

ロードバイクに乗っているサイクリストなら、誰もが一度は耳にしたことあるメーカーでしょう。

ウェアを中心とした国内で最大手のブランドで、機能性はピカイチと多くのサイクリストから支持されています。

こちらのグローブも価格は少し高めですが、Amazonでは4.4の高評価を獲得!まさに、最強のグローブといっても過言ではないでしょう。

グローブは消耗品ですが、決してワンシーズンで買い替えが必要なアイテムではありません。

短くても2~3年は着用できるので、機能性が優れたパールイズミのグローブはおすすめです。

②:Yobenki

0~5℃向けのおすすめロードバイクグローブ2つ目は、Yobenkiです。

サイクルメーカーではないブランドにはなりますが、Amazonではベストセラー1位に輝く人気商品。

防寒・防水はもちろんのこと、滑り止め加工も施されているのでグリップ力も抜群となります。

人差し指に特別な技術が採用され、グローブを外さなくてもスマホを操作できる優れもの。

しっかりとした機能性に加え、価格も2,000円台と安いので、コスパ最強の冬グローブといえるでしょう。

③:SHIMANO

0~5℃向けのおすすめロードバイクグローブ3つ目は、SHIMANOです。

コンポーネントなどで有名なSHIMANOですが、ウェアやシューズなどの小物も機能性が高いと評判です。

少し前まではデザインがイマイチという声も多かったのですが、最近のSHIMANOはとにかくオシャレ!

紹介するこちらのグローブのデザインもシンプルでカッコいいですよね。

決して見た目だけではなく、防寒性も抜群とAmazonの口コミで多く投稿されています。

暗闇でも目立つリフレクターが備えられ、夜中を走るブルべライダーにもおすすめ!

防水性も高く、ロングライドでの突然の雨にも活躍すること間違いないでしょう。

④:Souke Sports

0~5℃向けのおすすめロードバイクグローブ4つ目は、Souke Sportsです。

商品説明では5~10℃に適していると記載されています。

しかし、記載以上に防寒機能は高く「0℃でも問題ない」との口コミをいくつか発見。

ポタリングではなく、ロングライドやレースに出るサイクリストは、0~5℃に適しています。

4種類のカラーバリエーションから選べ、装着したままスマホにも触れますよ。

デザイン性や機能性の面からも、選んで損はしないグローブの1つといえるでしょう。

⑤:Andeor

0~5℃向けのおすすめロードバイクグローブ5つ目は、Andeorです。

防寒性はもちろん、撥水性や耐久性も評価が高いグローブ。その証拠にAmazonでは、約500件のレビューで4.0の高評価を獲得しています。

Andeorの魅力は、なんといっても価格です。

同じ機能性を備えた安い他のメーカーでも2,000円台ですが、Andeorは1,000円台とお財布に優しい料金設定。

まさに、コスパ最強のグローブといえるでしょう。

カラーはブラックのみになりますが、シンプルなデザインが好きな人にはおすすめのグローブです。

【5~10℃向け】冬のロードバイクにおすすめの最強グローブ

ロードバイクに適した冬の最強グローブ

気温5~10℃に適したロードバイク用のグローブを紹介します。

冬の気温ですが極寒ではなく、ライドをしていると早い段階で体も温まってきます。

この気温で走る場合に装着するグローブは、防寒性よりもグリップ力などの機能性に重点をおいて選びましょう。

①:カペルミュール

5~10℃向けのおすすめロードバイクグローブ1つ目は、カペルミュールです。

サイクリストなら誰もが1度は耳にしたことある、ライオンのロゴが入ったメーカー。

紹介するグローブはシンプルなデザインで、機能性は抜群です。

防寒性よりもフィット感を重視し、極寒ではなく5~10℃の気温帯で最適なグローブといえるでしょう。

裏起毛も薄手で、暑くなりすぎて蒸れるのを防ぎます。

手の甲部分にも裏起毛が採用され、保温性を担保しつつ通気性と速乾性も兼ね備えています。

②:ROCKBROS

5~10℃向けのおすすめロードバイクグローブ2つ目は、ROCKBROSです。

少し前までは「中華ブランド」と言われ、機能性はイマイチだけど価格は安いと、サイクリストの間では認知されていました。

しかし、最近は機能性が格段に向上し、有名メーカーと大きく変わらないレベルまで成長しています。

パフォーマンスが上がったにもかかわらず、値段は据え置きなので、コスパは前よりも良くなりました。

ROCKBROSのグローブは、Amazonをみると2,000円台で買うことができます。

最初にいろいろと小物を揃えないといけない初心者に、ROCKBROSのグローブはおすすめです。

③:サンティック

5~10℃向けのおすすめロードバイクグローブ3つ目は、サンティックです。

こちらのグローブはしっかりと防寒性も備え、衝撃吸収性も申し分ありません。

複数のファブリック素材が採用され、通気性と保湿性の両方を備えています。

親指、人差し指、中指には誘導性金属繊維が含まれ、グローブを着けたままスマホを使えますよ。

カラーバリエーションも豊富なので、ロードバイクと同じ系統のカラーにするとお洒落に映るでしょう。

【10~15℃向け】冬のロードバイクにおすすめの最強グローブ

ロードバイクに適した冬の最強グローブ

気温10~15℃に適したグローブを紹介します。

生活する上でこの気温は冬に属しますが、サイクリストには少し肌寒い程度。

指出しのグローブだと大袈裟おおげさですが、防寒性は気にしなくても大丈夫です。

この気温でのグローブ選びは、通気性やグリップ力などを重要視しましょう。

①:CXWXC

10~15℃向けのおすすめロードバイクグローブ1つ目は、CXWXCです。

こちらのグローブは、通気性が良くグリップ力もしっかりしていると、Amazonの口コミで投稿されていました。

低反発パッドが内蔵されているので、衝撃を吸収し、手の痛みや疲れを軽減させてくれます。

グローブ全体はストレッチ素材が採用され、高い伸縮性とフィット感が両立。

グローブに必要な機能性を網羅しているので、どのような用途で乗る場合にもおすすめです。                              

②:Gretop

10~15℃向けのおすすめロードバイクグローブ2つ目は、Gretopです。

春・秋専用として販売されていますが、10~15℃の気温であれば、冬でもまったく問題ないでしょう。

日本人の手の大きさに合わせて作られているので、口コミでもフィット感がいいと高評価を獲得しています。

サイズは全部で4種類。伸縮性も高いグローブなので、サイズ選びに迷ったら小さい方を選びましょう。

Amazonでは1,000円台と安い金額で販売され、機能性も申し分なし。コスパ最強のグローブの1つといっても過言ではありません。

③:FREESE

10~15℃向けのおすすめロードバイクグローブ3つ目は、FREESEです。

こちらのグローブは、衝撃吸収GELが備わっています。

GELがグローブに採用されることで料金は高くなりますが、手への振動や疲れ具合が想像以上に軽減されます。

100kmを超えるロングライドをする人に、FREESEのグローブはおすすめ。

Amazonでも「おすすめ」のアイコンが付与されているので、買って損はしないでしょう。

④:Morethan

10~15℃向けのおすすめロードバイクグローブ4つ目は、Morethanです。

Morethanは、ウェアなどの小物まわりで有名なメーカー。少し前までは「中華メーカー」と呼ばれていたのですが、機能性も大手のサイクルメーカーと比べ遜色はありません。

むしろ同じ機能性で料金は安いので、コスパの面で見るとMorethanに軍配が上がります。

しかし、Morethanはデザインが個性的……。好みがハッキリと分かれるでしょう。

4つのスタイルから選べるので、お気に入りのデザインがあるかチェックしてくださいね。

まとめ:最強のグローブで寒い冬もロードバイクを楽しもう!

今回は、冬に適したロードバイク用のグローブを気温別に紹介しました。

紹介したグローブは、どれを選んでも機能面で失敗することはないでしょう。

あとは、自分の好きなデザインかどうか。

お気に入りのグローブを見つけて、寒い冬のロードバイクライフも楽しみましょう。

Amazonでお得に買う方法

知らなきゃ損レベルです。Amazonは、月に1度開催されるタイムセールで買うのが一番お得。

こちらから事前にエントリーしておくだけで、安くなるだけではなく、獲得できるポイントも増えます。

Yusuke

特典満載のプライム会員だと更にお得だよ。

▲ポイント還元表

欲しい物を買う前は、タイムセールが開催されているか確認しておきましょう!

>>Amazonでタイムセールを開催しているか確認する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次