ロードバイクに適したオシャレな財布

【おすすめ16選】ロードバイクに適した財布とは?オシャレでコンパクトが最強です!

しんきち
ロードバイクに乗っているんだけど、普段使っている財布だと重たすぎて持ち運びに不便なんだぁ。
いい財布ないかな?

 

Yusuke
ロードバイクに乗る時はできるだけ身軽がいいですよね。
お任せ下さい!
本記事でコンパクト&オシャレな財布を紹介させて頂きますね。
良かったら参考にしてみてください。

 

本記事で分かる事

 ロードバイクに適した財布

 

普段使っている財布がロードバイクに乗るときにはちょっと…

と本記事は「ロードバイク専用の財布を探している人」に向けて書いた内容となっています。

 

お手頃価格から有名なブランドまで沢山のロードバイクに適した財布が販売されています。

中でも人気の高い財布を今回厳選してみました。

 

少しでも参考にしてくれたら嬉しいです。

それでは行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

ロードバイクに乗る特に適した財布の条件3つ

 

ロードバイクはなるべく身軽で乗る方が楽です。

身軽になるには所持するアイテムを軽くすることが必然となります。

必需品である財布にも同じことが言えるでしょう。

 

いきなり結論から申し上げると、ロードバイクに適した財布を選ぶ時はこの3つだけ意識しておけばOKです。

 

  • 背中のポケットに入る
  • 防水加工が施されている
  • コンパクト&軽量

 

ロードバイク時の財布は、サイクルジャージの背中ポケットに入る大きさが大前提。

カードがギッシリと入っている、分厚くて長い財布は落とす可能性が高いので避けた方が無難です。

いやむしろ選んだらダメです!(笑)

 

そして、防水加工が施されていることが重要となります。

自分は雨の日は走らないから大丈夫!って思っている人…ちょっと待ってください。

背中のポケットに入れた財布は雨よりも汗の方が影響を受けます。

サイクルジャージは吸収性がいい素材ではありますが、100%吸い取ってくれるわけではないので注意が必要です。

 

最後は、コンパクトであること。

コインケースのように小さければいいってことではありません。

何かあった時の為に身分証の携帯は重要(もはや必須)なのでコインケースなどだと入りません。

目安としては、手の平くらいのサイズがベストです。

 

あ、後1点…財布選びは汚れる前提で選びましょう!

ロードバイクと相性の良い財布16選

 

前の章でロードバイクを乗るのに適した財布の選び方を紹介しました。

では、実際にどんな財布がいいのでしょうか。

見た目&丈夫さの2つを兼ね備えた、おすすめの財布を厳選したので参考にしてみて下さい。

mont-bell(モンベル)ジップワレット

ロードバイクと相性の良い財布の1つ目は、mont-bell(モンベル)のジップワレット。

 

スポーツメーカーでmont-bell(モンベル)の財布は有名なので、知っている人も多いのではないでしょうか。

手の平サイズでとてもコンパクト、重さは何と53gと軽量です。

機能性も抜群で、ライドに持っていく貴重品関係は全てこの財布にまとめることができます。

そして何といっても最大の魅力は、コンパクトにも関わらずお札を折らずに入れらるのがポイント!

出し入れがしやすいんですよね。

 

カペルミュール

ロードバイクと相性の良い財布の2つ目は、カペルミュールです。

 

ロードバイクに乗っているサイクリストなら誰でも知っているメーカーでしょう。

販売しているアイテムは、ウェアだけでなく財布などの小物系も販売しています。

 

カペルミュールのロゴであるライオンが、とってもオシャレですよね。

こちらのカペルミュールの財布は、スマホもまとめて入れることができるタイプです。

にも関わらずコンパクトなので、サイクルジャージの背中ポケットにスッポリと入り、落としてしまう心配もないでしょう。

 

パールイズミ

ロードバイクと相性の良い財布の3つ目は、パールイズミ。

 

サイクリストなら誰もが1度は耳にしたことあるメーカーだと思います。

 

パールイズミはウェアなどで機能性が高いと評判ですが、財布も負けていません。

少し大きめに作られたこちらの財布は、6.7インチのiPhone13 Pro MAXでもピッタリ収まります。

防水加工も施されているので雨が降っても安心です。

 

R250(アールニーゴーマル)

ロードバイクと相性の良い財布の4つ目は、R250です。

 

スマホもまとめて入れることができる、ポーチタイプの財布。

小物系でコスパが良いと有名なR250シリーズです。

機能面でも申し分なしですが、個人的にはチェーンリングのデザインがお気に入り!

Amanonでのレビューも高評価が多いので、迷っている人は買っても損する確率は低いでしょう。

 

THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)

ロードバイクと相性の良い財布の5つ目は、THE NORTH FACE(ザノースフェイス)です。

 

ロードバイク専門のメーカーではないのですが、アウトドア界では有名なブランドの1つ。

 

紹介する財布は、擦り切れと水濡れに強い1000デニールTPEファブリックラミネート素材を使用しています。

少し難し説明ですよね。要は、頑丈ですよ!ってこと。

 

マチ付きでありファスナーもしっかりしているのも高評価ポイントです。

 

GORIX(ゴリックス)

ロードバイクと相性の良い財布の6つ目は、GORIX(ゴリックス)です。

 

GORIX(ゴリックス)はサイクリスト界隈から「中華ブランド」と呼ばれています。

要は安いブランドってこと。

私はたとえ安いブランドでも機能面を重視するタイプなので、GORIX(ゴリックス)製品はお気に入りです。

視認性を高める為ジャージから少し出る部分には、リフレクターを採用するなど細かい部分にもこだわっていて、コスパは最強クラスです。

何を買えばいいか分からない!って初心者の人はこの財布を選んでおけば間違いなしです。

 

NOMADIC(ノーマディック)

ロードバイクと相性の良い財布の7つ目は、NOMADIC(ノーマディック)です。

 

Amazonでトップクラスのレビューを誇るこちらの財布。

 

お札も小銭も入れられて、カード類は3枚ほどは余裕で入る容量になっています。

まさにロードバイクでライドする時にふさわしい財布ではないでしょうか。

 

しかも、値段が2000円を切っている、コスパ良い財布!

カラーバリエーションも豊富なのでロードバイクと色を合わせるのもいいですね。

 

GREGORY(グレゴリー)

ロードバイクと相性の良い財布の8つ目は、GREGORY(グレゴリー)です。

 

冒険好きなアウトドア派に人気のメーカーで機能性は勿論のこと、デザインもお洒落。

 

紹介するこちらの財布は、ナイロン素材なので雨が降っても大丈夫!

見た目はシンプルなデザインですが、そこがまたシックで良いですね。

アウトドア界では誰もが知る有名ブランドなので、購入して損をすることはないでしょう。

 

CHUMS(チャムス)

ロードバイクと相性の良い財布の9つ目は、CHUMS(チャムス)。

 

オシャレな柄で評判の高いこちらの財布、ペンギンが可愛すぎる…!

 

見た目だけではなく、コンパクトで使い勝手の良さはAmazonでのレビューでも上位を獲得しています。

ロードバイクに乗る時も重宝しますが、普段ちょっとしたお出かけにも使えますね。

何より手のひらサイズなので、スペースを取りません!

 

beruf(ベルーフ)

ロードバイクと相性の良い財布の10個目は、beruf(ベルーフ)です。

 

日本のサイクルバッグブランドとして有名メーカーなのですが、意外と知らない人も多いかも知れません。

 

紹介する財布は、これまでの財布と比べると少し高めの価格設定。

 

しかし、機能性・防水面では何一つ文句なしのスペックです。

高級感があるので、プレゼントで贈るときっと喜んでくれるはず!

 

LIHIT LAB.(リヒトラブ)

ロードバイクと相性の良い財布の11個目は、LIHIT LAB.(リヒトラブ)

 

紹介するこちらの財布は、正確には財布ではなくシリコンポーチとなります。

可愛くないですか?

 

女性のサイクリストから人気を集めているのは、デザインを見ただけで納得です。

本来はポーチなので、日焼け止めクリームなどを一緒に収納しておくのもおすすめです。

 

Bellroy(ベルロイ)

ロードバイクと相性の良い財布の12個目は、Bellroy(ベルロイ)です。

 

しっかりとしたレザー素材で、カード15枚と現金が入るので収納スペースは十分。

カラバリもBLACK・Caramel・Oceanと3種類あり、どれもシックでエレガントな雰囲気をかもし出しています。

 

イタリア製のロードバイクに乗っている人にはきっと似合うでしょう。

Amazonのレビューでは8割の人が星4つ以上と高い評価をしているので、買って失敗した!ってことはないでしょう。

 

Moku(モク)

ロードバイクと相性の良い財布の13個目は、Mokuです。

 

他と比べて手作りの財布なので、値段設定は高め。

上質なレザーを使用し、手触りは非常に心地いいです。

 

わずか46gしかない財布ですが、現金やカードなどライドに出ても困らない収納力は備えています。

軽いのはサイクリストにとって、誰もが重視するスペック部分です。

 

自分へのご褒美や、お世話になっている人へのプレゼントなどにおすすめです!

 

\全国どこでも送料無料/

 

別記事にてレビューしていますので、良かったら合わせてご覧ください。

>>【moku】小さく薄い財布saku ver.2をレビュー!ネット上の口コミや評判は嘘だった!?

 

MAMMUT(マムート)

ロードバイクと相性の良い財布の14個目は、MAMMUT(マムート)

 

こちらの財布は防水に強いナイロン素材が使われ、ジップでファスナーを閉めるタイプです。

マンモスのワンポイントがお洒落なアクセントになっています。

 

スマートで軽く、無地に近いデザインなので誰が持っていても似合う財布の1つです。

 

Monton (モントン)

ロードバイクと相性の良い財布の15個目は、Monton (モントン)

 

こちらの財布はスマホも一緒に収納ができるポーチ型の財布になります。

Monton (モントン)といえば、ガチ勢が着るサイクルウェアのイメージがありますが、その点からも機能性は高いと人気を集めています。

 

財布にもその機能性は受け継がれており、基本となる防水性能は勿論、口コミでは中身が取り出しやすいとの声も。

大手メーカーほど認知度は高くありませんが、他のサイクリストと一緒になる確率は低いので、他人と被りたくない人におすすめです。

 

ギアトル

ロードバイクと相性の良い財布の16個目は、ギアトル

 

サイクリストの為に作られたこちらの財布は、ウェアのポケットにスッポリと入るジャストサイズ。

ポーチ型タイプとなり、現金やカードだけでなく携帯ポンプなども一緒に収納できます。

 

プロレーサーが監修している財布なので、ロードバイクに乗る人に特化したつくりになっているのも大きな魅力。

万が一の時に必要な緊急連絡先カードも付属しています。

自分で1から作るとなると、少し面倒くさいので、こういった付属品がついていると何かと便利ですね。

 

価格もお手頃なので初心者の人におすすめの財布です。

 

ロードバイクに適した財布を持っていても注意が必要!

 

ロードバイクに適した財布を紹介してきましたが、注意点があるのでお伝えしますね。

 

基本的にロードバイクに適した財布は、コンパクトで防水性能が高い物になります。

しかし、いくら防水性能が高くても、完璧に水がしみこむのをシャットダウンすることはできません。

 

サイコンなどのサイクル用品は雨でも使うことがある為、簡単には壊れませんが……

 

スマホと財布は別!

 

ロングライドで山道を通る時などゲリラ豪雨に遭遇することもあるでしょう。

自分は防水の財布を使っているから大丈夫!と思っていると後悔します。

私自身、財布の中身まで濡れてしまいお札も濡れてしまいました。

クレジットカードは使えなくなりました……(涙)

 

遠くに出かけている場合は致命的になる可能性もあるので、私はジップロックを常に携帯しています。

雨が降り始めたらスマホと財布は、ジップロックに突っ込みましょう。

これなら、防水性能が高くない財布でも濡れることはほとんどありません。

 

ジップロックは安く変え持ち運びもしやすいので、ツールケースなどに2つほど忍ばせておくと何かと便利ですよ。

 

まとめ:オシャレな財布でロードバイクライフを楽しもう!

 

今回は、ロードバイクに乗る時に適した財布について紹介しました。

 

少しでも荷物は軽くしておきたい!と考えるのがサイクリストの願望ですよね。

コンパクトで機能性に優れた財布を厳選したので、参考にしてくれたら嬉しい限りです。

 

沢山の種類があるので、まずはスマホを一緒にするか別で切り離すかを考えると選びやすいでしょう。

 

オシャレな財布をゲットしてテンションをあげてロードバイクライフを楽しみましょうね!

 

\最新のセール情報はこちら/

 

スポンサーリンク

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事


Yusuke
合わせてこちらもご覧ください!
関連記事

しんきちサイクルキャップってどんな風にかぶればいいのかな? Yusuke私も悩みました。サイクルキャップは、ヘルメットで隠れる部分なので他人がどんなサイクルキャップをかぶっているか中[…]

サイクルキャップのかぶり方
関連記事

しんきちロードバイクに乗っている人に、プレゼントを考えているんだけど。何がいいかな? Yusukeずばり、持っていても決して困らない小物がプレゼントとして嬉しいですね。 […]

ロードバイクの小物