【しまなみ海道 in 大三島】猪骨(ししこつ)ラーメンに行ってみた!

瀬戸内「しまなみ海道」の真ん中、大三島にある猪骨(ししこつ)ラーメンに行ってきました。

猪肉を使うラーメンは全国的にもかなり珍しいので、今回皆さんにシェアしたいと思います。

それでは、猪骨(ししこつ)ラーメンを紹介していきます。

この記事を書いている人

スポンサーリンク

場所

猪骨ラーメンは、サイクリストの聖地しまなみ海道が通る大三島にあります。

車の場合も自転車の場合も、サイクリストの聖地記念碑がある道の駅多々羅しまなみ公園の前を通る大三島環状線を北に進んで下さい。

この通りにはサイクリング総合施設WAKKAがあります。泊まりは勿論、ご飯だけでもOKなオシャレで開放的な場所になります。

WAKKAの記事はこちらからご覧ください!

関連記事

 愛媛県今治市と広島県尾道を結ぶ、しまなみ海道 サイクリストの聖地として世界中から注目が集まるこの場所ですが、そのど真ん中にある大三島にオシャレな宿泊施設が2020年3月26日にOPENしたのでラ[…]

そのまま進んでいくと大山祗神社への案内の看板が見えてきますので、左折します。

猪骨ラーメンは大山祗神社も歩いていける距離の近さにあります。

外観

お店はかなり新しいです。車はお店の前に止める事ができます。

しかし、残念な事にサイクルスタンドがありませんでした。せっかくのしまなみ海道なので是非ご用意をお願いしたいところでございます。

(※もしかしたら私が見つけれなかっただけかも知れません。その場合は誠に申し訳ございません。)

また、入口には可愛い猪がロックな音楽と共に迎えてくれます。

Yusuke
勿論、本物ではないよ!(笑)

お店情報

住所愛媛県今治市大三島町宮浦5516
電話番号0897-72-8780
営業時間12:00~14:00(ラストオーダー 13:45)

17:00~19:00(ラストオーダー 18:30)

定休日月・火(※祝日の場合は変更有)

※詳細はこちらもご覧ください!

お店の雰囲気

2人で訪れたのですが広いテーブル席を案内してくれました。

カウンター席もあります。写真のとおりソーシャルディスタンスもバッチリです。

お店の中は掃除も行き届いていて清潔感抜群でした。味も勿論ですが、衛生管理が行き届いているお店は気持ちが良く食欲も湧いてきます。

猪骨ラーメンとは?

そもそも、猪骨ラーメンとは何でしょうか?

最初に猪骨ラーメンとはなんぞやの説明を書こうと思ったのですがせっかくお店が紹介している写真があるのでこちらをご覧下さい。
(※光の反射で見えにくい部分があります。ごめんなさい)

ここ大三島の猪はなんと「第一回猪祭り」でグランプリを受賞しています。つまり日本一の猪を大三島で味わう事ができます。

この、猪骨ラーメンですがスープは塩・しょうゆ・味噌の3種類から選ぶ事ができます。

  • 味噌ラーメン 800円
  • 全部のせ(味卵・極太メンマ・猪肉) 300円

ラーメンよりも先に驚きを隠せなかったのが綺麗な綺麗な食器類。

高級感が漂う器・お盆・お箸は一層ラーメンを美味しく魅せてくれます。

そんないきなりセレブな気分にしてもらった猪骨ラーメン。

肝心の猪肉を食べてみました。

少し臭みがありクセがある味を想像していましたが、臭みやクセは全くありません。

普段から動き回っている猪なので脂身は少なくたんぱく質がかなり豊富な印象を受けました。味は鴨肉に近い感じがします。

続いてスープ。

愛媛県産の愛媛県産の八丁味噌を使用しており、濃厚でしっかりとした味でしたが食べ終わると後に残らないあっさりした美味しいスープでした。

麺は細めんですが、濃厚なスープに負けないくらい小麦の味がしっかりしており大満足です。

その他、味玉・めんま・白髪ねぎもそれぞれの役割をしっかり果たし食器類も含めてまとまりのあるラーメンでした!

さいごに

猪を食べた事がない人結構いらっしゃるのではないでしょうか。

私もここで初めて食べたのですが、想像以上にあっさりしておりスープも3種類あるので女性にもおすすめできるラーメンです。

是非、ここ猪骨ラーメンで日本一の猪を堪能してみてください♪

本日のご飯にいかがでしょうか?

さいごまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

Yusuke
合わせてこちらもご覧下さい!
関連記事

 愛媛県の細~い部分(四国の最西端)に位置する、伊方町観光交流施設「佐田岬はなはな」の「しらす食堂」に行ってきました。 趣味であるロードバイク(自転車)ではなく、今回は車で行く事に&nbs[…]

関連記事

美味しい食べ物や美しい景色を求めてのロングライド! 一人で行くソロライドでも友人や家族と一緒に行くグループライドでもどちらでも楽しいですよね。 そんな楽しいロングライドですが、ちょっとそこ[…]

ロングライドの必需品