ロードバイクのスニーカー

【おすすめ7選】ロードバイクに最適なスニーカー!フラットペダルで使えます!

しんきち
ロードバイクに乗る時におすすめのスニーカーを教えて欲しいな。

 

Yusuke
お任せください!
フラットペダルにピッタリのスニーカーを紹介しますね。

 

本記事で分かる事

 スニーカーの選び方

 ロードバイクに最適なスニーカー

 

ロードバイクにはいくつかペダルの種類が存在し、今回はフラットペダルに適したスニーカーを紹介します。

 

よく「パチンッ」と音を立てはめ込むビンディングペダルとは違い、フラットペダルとは一般的なママチャリと同じタイプになります。

 

じゃあ別にスニーカーなんてどのタイプでも良いのでは?

と思いがちですが、それは間違い!

 

本記事ではフラットペダルを使っているサイクリストに向けて、ロードバイクにおすすめのスニーカーと合わせて選び方も紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ロードバイクに乗る時のスニーカーの選び方

 

ロードバイクに適したスニーカーの選び方を紹介します。

 

2つポイントをお伝えするのですが、この2点を把握しておくだけでロードバイクの乗り心地や疲れ具合が変わってきます。

 

良かったら参考にしてみてくださいね。

選び方①:ソール(靴底)が硬い

ロードバイクに適したスニーカーの選び方の1つ目は、ソール(靴底)が硬いことです。

 

ソールが薄くて柔らかいと、ペダルに力を入れた時に足がグニャっと曲がりパワーが中々伝わりません。

逆にソールが硬いスニーカーだと踏み込んだパワーがペダル全体に効率よく伝わるので、同じパワーでもソールの硬度で出るスピードが変わってきます。

 

ランニングでよくおすすめされる薄底のスニーカーは、ロードバイクに乗るには適さないので注意しておきましょう。

選び方②:ワンサイズ大きめ

ロードバイクに適した選び方の2つ目は、ワンサイズ大きめをチョイスすることです。

 

スポーツ全般のシューズ選びにいえることですが、スニーカーの場合は紐でキュッと締めることができるのでワンサイズ大きくても全然問題ありません。

ちなみにワンサイズとは0.5㎝~1㎝の範囲。

 

逆にフィットしすぎ、もしくは小さすぎると足が圧迫され血が止まっている状態になる可能性も……

長い時間ペダルをこぐこともあるので、スニーカーを履く場合は足に少しゆとりがあった方が良いでしょう。

ロードバイクに最適なスニーカー

 

この章ではロードバイクに適したスニーカーを紹介していきます。

 

全部で7種類のスニーカーをピックアップ。

どれも厳選したスニーカーなので、迷ったらこの中から選んでもらえると大きな損はしないでしょう。

良かったら参考にしてみてください。

SOUTHSID(ソースサイド)

ロードバイクに適したスニーカーの1つ目は、CHROME(クローム)のSOUTHSID(ソースサイド)です。

 

紹介するSOUTHSID3.0は、日本が世界に誇る自転車用タイヤ&チューブ専門ブランドPanaracerとのコラボ商品となります。

アウトソール部分にPanaracerのノウハウが全て詰め込まれており、高次元のグリップ力を誇っています。

要は、力をかけてペダルを漕いでもツルッと滑ることがないので、安心してパワーをかけることができます。

 

 

実際にこちらの商品ですが、私は通勤で毎日使用しています。

良かったらレビュー記事を書いていますので、参考にしてみてください。

>>【レビュー】CHROME×Panaracer!サイクリスト理想のシューズ(SOUTHSIDE 3.0)を自転車通勤に!

 

KURSK(クルスク)

ロードバイクに適したスニーカーの2つ目は、CHROME(クローム)のKURSK(クルスク)です。

CHROME(クローム)は自転車に特化したシューズメーカーで、機能面はもちろんデザイン性も優れサイクリストから絶大な支持を得ています。

 

中でもKURSK(クルスク)は、クラシックタイプのデザインとなりハードなサイクリングにも耐えれるスニーカーです。

特徴としてボードが入ったボードラスティング製法を採用しており、ペダリング時の突き上げ感を軽減する働きが備わっています。

この製法により疲れにくいペダリングが実現できています。

 

TAILWHIP ( テールウィップ )

ロードバイクに適したスニーカーの3つ目は、ノースウェーブのTAILWHIP ( テールウィップ )です。

 

見た目がオシャレなので、私服でロードバイクに乗る場合でも合わせやすいカラーとなります。

 

機能面を見てみましょう。

ソールは、ミシュラン社と共同開発したMICHELIN-NWコンパウンドを特徴とし、ペダルのグリップ性能に優れています。

 

 

TRIBE(トライブ)

ロードバイクに適したスニーカーの4つ目は、ノースウェーブのTRIBE(トライブ)です。

 

MTB用のシューズとして販売されていますが、ロードバイク用に使っても全く問題はありません。

先ほどのTAILWHIP ( テールウィップ )と同じくグリップ力に優れ、通気性のある大きなメッシュパネルを備えたスエードアッパーを採用しているので、夏の暑い日でも蒸れません。

 

ノンストレッチのシューレースは、伸縮性のあるシューレースキーパーに簡単に収納できるのも特徴の1つです。

 

 

STAMP BOA ( スタンプ ボア )

ロードバイクに適したスニーカーの5つ目は、クランクブラザースのSTAMP BOA ( スタンプ ボア )です。

 

微調整が効くBOAシステムを採用し、確実な締め心地を実現したスニーカーとなっています。

パッド付きのタンが足の甲を保護し、メッシュウィンドウが足の蒸れを逃がすので機能性も非常に優れています。

 

ペダルを漕いでいる時は勿論、歩行時にも疲れを溜めないように、つま先やかかとの形状が工夫されています。

 

 

DIMA(ディマ)

ロードバイクに適したスニーカーの6つ目は、CHROME(クローム)のDIMA(ディマ)です。

 

こちらのスニーカーは、ちょっとした買い物や通勤に便利なスリッポン型

靴ひもがないので、かかと部分がスッと入りストレスを一切感じることなく着脱できます。

 

力をかける前足部分は、硬めソールとなっておりパワーをしっかりとペダルに伝える技術も採り入れられています。

 

SHIMANO(シマノ) SH-ET300

ロードバイクに適したスニーカーの7つ目は、SHIMANO(シマノ) SH-ET300です。

 

サイクリストなら誰でも知っているメーカーのSHIMANO。

パーツからウェアまで自転車に必要なアイテムは全て網羅しています。

 

SHIMANOのアパレル関係は少し前まではダサいと印象を持っていたのですが、ここ数年でビジュアルも格段にオシャレになりました。

紹介する、SH-ET300もスタイリッシュです。

カラバリもグレー・カーキ・ネイビーと豊富なので、選びやすいスニーカーといえるでしょう。

ちなみにSHIMANOなので機能性は、言わずもがな問題ありません。

 

まとめ:お気に入りのスニーカーでサイクリングを楽しもう!

 

今回は、フラットべダルでロードバイクに乗る人におすすめのスニーカーを紹介しました。

 

ロードバイクはペダルにしっかりと固定するビンディングシューズが一般的ですが、ポタリングや街乗りで乗るにはスニーカーの方が便利です。

 

しかし、スニーカーなら何でも良いわけではありません。

なるべくソール(靴底)が硬いタイプを選ぶようにしましょう。

 

お気に入りスニーカーを履いて今日も素敵なサイクルライフをお過ごしくださいね!

 

 

スポンサーリンク

関連記事


Yusuke
合わせてこちらもご覧ください!
関連記事

 しんきちロードバイクを音楽を聴きながら乗りたいな~。イヤホンの購入を考えているんだけど...そもそも違法ではないのかな? Yusukeお任せ下さい!その悩み私が解決します[…]

ロードバイクにおすすめのイヤホン
関連記事

しんきちロードバイクに乗る時のヘルメットを探しているんだけど...キノコ頭はイヤだ~~~~ Yusukeキノコ頭(笑)ピッタリな表現方法ですね(笑)お任せください!日本人に合[…]

キノコ頭になりにくいロードバイクのヘルメット