アトピーの人へ掻かないで過ごせるグッズ

【アトピー必見】掻かないで過ごせるグッズってあるの?入院経験者が認めたおすすめ5選!

 

しんきち
アトピーで腕が痒すぎる。
少しでも痒みが減るグッズを知りたいな。
ネットで売られているグッズは怪しいのが多いんだよね。

 

Yusuke
その通りです!(笑)
実際に私も、高価な商品にたくさん手を出し失敗しました。
そんな、失敗しまくった私が本当に買って良かったモノを厳選してみました。
良ければ参考にしてみて下さい。

 

ネット上には、怪しい保湿クリーム効果がハッキリと分からない水など…アトピーに本当に効くか分からないグッズがたくさん出回っています。

私が色々と試した経験上、90%以上は効果を感じることができませんでした。

 

「個人差がありますから~。」

 

というキャッチフレーズを何度耳にしたことか。(笑)

 

それでも、痒みが少しでも軽減されるモノがあると、ひとまずは試してみる性格なので色々な商品に手を出しました。

そして繰り返し失敗をして後悔する日々。

 

そんな私が、これは中々いいぞ!

と思えるグッズに数はかなり少ないですが、巡り合うことができました。

そんな、奇跡的に出会えたグッズを今回アトピーで苦しんでいる人にシェアしたいと思います。

 

本記事で分かる事

  • アトピーの筆者が使って本当に良かったグッズ5選

 

100点以上のグッズを試して、おすすめできるグッズはたったの5つしかありません。(笑)

ごめんなさい。少なくて。

 

申し遅れましたがこれを書いている私も、過去に2ヶ月ほど入院までしたアトピー。

 

私は、ステロイドを使わない脱ステロイド・脱保湿治療でコントロールしていますが、本記事は治療方法に問わずアトピーの人なら誰でもおすすめできるグッズです。

では本題に入る前に、軽く私のアトピー経歴を。

 

この記事を書いている人

 

Yusuke
私は、ステロイドを使用した標準治療や漢方治療も経験し、最終的に脱ステロイド・脱保湿でコントロールしています。

 

 生まれたときから肌は弱い

 学生時代はむしろ美肌

 2015年、アトピー発症

 顔はプロトピック・体はステロイドを毎日塗布(1年間)

 2016年、脱ステロイド(顔以外)⇒リバウンド1回目

 2018年、脱プロトピック⇒リバウンド2回目

 2018年、阪南中央病院に入院

 その後の小さなリバウンドはあるも現在は、元気!

 

少しでもあなたの痒みが減り、掻かない時間が増えますように。

 

それでは、本題に入っていきます。

 

スポンサーリンク

アトピーの人が掻かないようにするグッズは存在するのでしょうか!?

 

アトピーの人にとって見た目も辛いのですが、それ以上に苦しいのが痒み

健常な人からすると、「そんな大げさな~」と軽く見られがちなのですが、蚊に刺されるレベルじゃないですよね。

気が狂いそうなレベルといっても決して過言ではありません。

 

そんな、24時間痒みと戦っているアトピーの人は、掻かないようにするグッズを常に探しています。

私もです。

 

しかし、100点以上のグッズを試した私が出した答えは、

 

掻かないようにするグッズは存在しない。

 

ということです。
痒みがマシになるグッズはあるのですが、完全に「0」になる商品には今現在も出会えていません。
もしこれを読んでくれている人で、掻かないようにするグッズがあれば教えて下さい!

アトピーの筆者が使って本当に良かったグッズを紹介!子供にもおすすめできます

 

①標準治療②漢方③脱ステロイドの治療・入院も経験した私が、実際に使って良かったと思えるグッズを紹介します。

 

決して海底何mにしかない成分や、地球上でココでしかとれない材料を使った商品の紹介ではないので、安心してください。(笑)

何なら日常生活に使えるアイテムが多いです。

 

ぶっちゃけ感じる効果は人によりますが、こちらの2点をクリアしたグッズのみに厳選しています。

 

  •  実際に私が使って良かった
  •  アトピー仲間にすすめて「いい商品だった」と言ってもらえた

アトピーおすすめグッズ①:特撰ツメキリ

アトピーのグッズ

 

アトピーの人におすすめするグッズの一つ目は、ツメキリ。

 

ん!?ツメキリ!?

 

と突っ込まれそうですが、痒みは掻くことで発生しますよね。

ツメが少しでも伸びてると、掻破によるダメージは大きくなってしまいます。

 

ここでポイントは、ツメキリはケチってはダメです!

アトピーの人は、健常者に比べてツメキリの使用頻度は倍以上。

さらに、ツメキリって一度購入するとほぼ買い替えないですよね。

 

私もこのフェザーの特撰ツメキリを5年ほど前に購入しましたが、現在も使用しており、今後もずーっと使う予定。

それまでは、500円以下のいわゆる普通のツメキリを使っていたのですが、切れ味全然違います!

2,000円ほどする高級ツメキリですが、5年使うとしても、1年で400円。

1ヶ月で40円以下(笑)なので、買っても損はしないかと。

 

アトピーおすすめグッズ②:ツメやすり

アトピーのグッズ

 

2つ目は、ツメやすり。

またツメ関係のグッズなんですが、努力で痒みを軽減できる大きなポイントはツメなんですよね。

 

1つ目で高級ツメキリを紹介しましたが、切るだけではダメです!

やすりで、傷が付きにくいように丸めることが最重要。

 

どれくらいツメを切ればと聞かれるのですが、缶ジュースが開けれないくらい深爪でOKです。

私は、ツメキリとやすりは3日1回のペースでやっています。

 

アトピーの人に「掻くな」とは言わないでください。

頭では誰もが掻くと悪化することは分かっています。

その制御ができないくらい、アトピーって痒いんです。

 

紹介しているツメやすりは、決してツメキリのおまけについているサブ的なものではないので磨きやすさも完ぺき

爪をツルツルにすることで、掻いても傷がつきにくくなりますよ。

 

アトピーおすすめグッズ③:掻かない手袋

アトピーのグッズ

 

寝る時に重宝するグッズで、掻かない手袋を知っていますか。

名前の通り眠っている時に、無意識で搔いてしまうのを防止するグッズ。

 

人によっては寝ている時に取ってしまい、目覚めるとどっかに飛んでいた!って話も聞いたことがあるので、絶対に掻かないアイテムとは言えません。

 

しかし、試してみる価値はあるグッズだと思います。

値段もそこまで高価ではないので。

 

私もこの手袋に出会うまでは、靴下や絆創膏で爪を閉じ込めていました。

しかし、朝起きると靴下も絆創膏も手にはなく、目覚めて手を見ると爪には引っ搔いた血と搔き壊されてボロボロになった肌が。(涙)

 

この手袋は、簡単には取れないベルトがついていることに魅力を感じて購入しました。

半信半疑(ほぼ疑った状態)で使用してみた結果、なんと朝起きた時にそのまま手についているのを見て感動。

よっしゃーと声を上げて喜んだのを今でも忘れられません。

当然、肌は破壊されていませんでした。

 

アトピーおすすめグッズ④:ミルクプロテイン

 

アトピーの人は、通常の人と比べて皮膚のターンオーバーが早い傾向があります。

肌がまだ修復しきっていない時、痒みによる掻破で回復がかなり遅れることも。

 

そんな時に、薬などで痒みを抑えるのではなく内側から改善していくことが重要です。

 

では、何をしたらいいか?

簡単です。

 

皮膚を形成しているのは、タンパク質。

このタンパク質を多く摂取することが、回復への近道となります。

しかし、普段から考えて食事から摂取するのは中々大変ですよね。

そこで私は普段飲むコーヒーを、こちらのザバスのミルクプロテインに変えました。

ぶっちゃけ見違えるくらいに分かる効果は、現れていません。

しかし、コーヒーと同じくらい(むしろそれより安い)ランニングコストなので、どうせ飲むならタンパク質を摂取できるものを。

と思い、今でも飲み続けています。

 

 

ザパスのミルクプロテインはこちらで詳しく紹介していますので、合わせてご覧下さい。

>>【おすすめ5選】ザバスミルクプロテインの効果とは?アトピーの人は必見です!

 

アトピーおすすめグッズ⑤:ダニ捕りロボ

アトピーのグッズ

 

アトピーの天敵といえば、ダニ!

ダニは自宅に数億匹いると専門家も言っています。

 

完全に「0」にすることは難しいかも知れませんが、アトピーの人は少しでも数を減らしたいですよね。

ダニを減らすには、徹底的な掃除が推奨されていますが、毎日何時間も費やすのは難しいのが現実。

 

そこで、私はせめて人生の3分の1を過ごす布団上に対策を絞ることにしました。

しかも、ダニが自宅内で最も好む場所の一つが布団なんです。

 

まだ、小さい子供もいるので強い殺虫剤は使いたくないな~と思った時に、このダニ捕りロボをアトピー仲間からすすめられて使ってみる事に。

 

ぶっちゃけ、即効性の効果は感じることができませんが、あきらかにチクチク感が減ったので今でも続けています。

1日わずか18円とコスパもいいので、この先も愛用していく予定。

 

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらでレビューしているので合わせてご覧下さい。

>>日革研究所のダニ捕りロボをレビュー!実際に使ってみた評価を暴露!口コミは嘘だった!?

 

まとめ:掻かない!と意識することも大切です

 

いかがでしたでしょうか。

 

ネット上には、色々なアトピー商品が溢れています。

中には本当に良いモノもあるのですが、中々巡り合えないことも多いでしょう。

 

どのグッズがいいか悩んでいるあなたに、様々な治療法を試した私が実際に使用しているグッズを今回紹介させてもらいました。

 

いつの日か、掻かないで過ごせるアトピーグッズが開発されることを切に願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

Yusuke
合わせてこちらもご覧ください!!
関連記事

 しんきちアトピーで困っているんだけど、全然治らなくて...。脱ステロイドをするとアトピーが完治するのかな? Yusuke私もかなり悩みました。本記事では、アトピーは脱[…]

アトピーは脱ステロイドで完治できるのか。
関連記事

 しんきちアトピー性皮膚炎でつらい。見た目がグロテスクな落屑って治りかけのサインなのかな? Yusukeつらいですね。私もアトピーなので痛いほど分かります。中でも見た目[…]

アトピーの落屑