脱ステロイドは間違いなのか

【体験談】脱ステロイドって間違い?アトピーが治るのは嘘なのか?

 

しんきち
アトピーでステロイドを塗っているんだけど、いつまで経っても治らない。
ネットで脱ステロイドって治療法を見つけたけど、間違いじゃないのかな?怪しいし、嘘くさいなぁ。

 

Yusuke
数年の私ですね!(笑)
私もステロイドを塗っていて治らなかったので、脱ステロイドの治療法に辿り着いた一人です。

 

脱ステロイド。
一部の人からは、カルト集団(笑)とか言われているとかいないとか…。

 

ぶっちゃけ、私もそう思っていた時期がありました。
しかし、脱ステロイドの治療法に出会ってからアトピーによるQOLのレベルが一気に上がったので大満足。

 

そんな私が、脱ステロイドについて今回は以下の内容について書いていきます。

 

本記事で分かる事

  •  脱ステロイドは間違いの治療法なのか。

 

少し脱ステロイドについて調べた人なら、決して簡単な治療方法ではないことが分かるはず。

始める前に、そもそも脱ステロイドがアトピーに対して最善の治療法なのか気になりますよね。

 

そんな、悩みを抱え苦しんでいるアトピーの人へ少しでもお役に立てるように、この記事を書きました。

 

本題に入る前に自己紹介を少し。

 

この記事を書いている人

 

Yusuke
私は、ステロイドを使用した標準治療や漢方治療も経験し、最終的に脱ステロイド・脱保湿でコントロールしています。

 

 生まれたときから肌は弱い

 学生時代はむしろ美肌

 2015年、アトピー発症

 顔はプロトピック・体はステロイドを毎日塗布(1年間)

 2016年、脱ステロイド(顔以外)⇒リバウンド1回目

 2018年、脱プロトピック⇒リバウンド2回目

 2018年、阪南中央病院に入院

 その後の小さなリバウンドはあるも現在は、元気!

 

それでは、本題へと入っていきますね。

どうぞ最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

脱ステロイドって間違いなの?嘘か本当かどっち?

 

アトピーの治療方法の1つである、脱ステロイド。

文字の通りに、ステロイドを脱する(内服も含めて)ことなのですが、果たしてこの治療方法は間違いなのでしょうか。

 

私も、アトピーです。

経験に基づいての発信になるのですが、

 

間違っていない!

 

と私は答えを出します。
私は、お医者さんではないので医学的な根拠はありません。
しかし、脱ステロイドを提唱する大阪の佐藤先生の本の通りに実践すると、アトピーで苦しんだ生活は今では大分楽になりました。

 

脱ステロイドの期間

 

これは、私のからだ年表になるのですが月日を重ねるにつれ、良くなっています。
勿論、現在進行形です!

 

では、何故脱ステロイドが間違いでなかったと私は言い切れるのでしょうか。
具体的に3つの理由があるのですが、大切な内容なので1つずつ紹介していきますね。

 

  1.  肌が強くなった
  2.  抑えこまれた痒みがなくなった
  3.  運動をするようになった

脱ステロイドが間違いでない理由①:肌が強くなった

脱ステロイドは間違い?

 

ステロイドを毎日塗っていると、皮膚がセロハンテープのように薄くなり(皮膚委縮)、触るとペロンってめくれる経験をしたことがありますか。

私は、ステロイドが効かなくなったなぁ~と感じた時に、このペロリとめくれるステロイドの副作用(皮膚委縮)に悩まされました。

 

しかし、脱ステロイドをすることによって掻いても傷がつきにくい肌を取り戻すことができました。

 

脱ステロイドは、アトピーを綺麗さっぱりと治す治療法でありません。

今でも私はアトピーですが、ポリポリと掻いても皮膚がめくれ浸出液が出ることはなくなりました。

 

しかし既に知っているかと思いますが、脱ステロイドはかなり過酷でつらい治療法です。

あなたの人生の中で最もキツイ時間になってしまう可能性も十分に考えられます。

 

こちらの記事にて、脱ステロイドのリバウンドに関して詳しく書いていますので合わせてご覧下さい。

>>【3つの時短方法】脱ステロイドによるリバウンドの期間は?

 

脱ステロイドが間違いでない理由②:抑え込まれた痒みがなくなった

脱ステロイドは間違い?

 

2つ目の理由は、抑え込まれた痒みがなくなったこと。

ストロイドを塗っている人は、分かってくれたら嬉しい。

表面ではなく、その内部が痒いって経験ありませんか。

まるで、ステロイドという強力な薬で痒みを封じ込めているような感覚。

 

実際にステロイドって痒みを抑え込むお薬なんですけどね。(笑)

けど私は、あの感覚が嫌で嫌で。

 

脱ステロイドをしてからは、抑え込まれた痒みが徐々になくなっていきました。

辞めた最初は、爆発的な痒み(リバウンド)でゾンビみたいになりましたが、時間が経った今の痒みはステロイドを塗っていた時と比べると全然マシ。

 

あ、痒みがなくなったわけではありません。

今でも全然痒い時あります。(笑)

けど、痒みの質が違うんです。

脱ステロイドが間違いでない理由③:運動するようになった

脱ステロイドは間違い?

 

佐藤先生(大阪)の本で脱ステロイドに取り組んでいた私は、治療法の1つとして運動があるので、嫌でも体を動かさなければなりません。

 

ステロイドを塗っていた時は、汗で肌が悪化するので激しい運動は控えるようにと、地元のお医者さんに言われていました。

 

しかし、脱ステロイドは全く逆!(笑)

疲れ果てるまで動いて夜はぐっすり眠るというのが、脱ステロイドの治療法の教え。

私には、後者(脱ステロイド)の方が体にあっていました。

 

今では運動も習慣化することができ、肌の調子も良い状態をKEEPできているので、脱ステロイドの治療法は間違いではないと確信しています。

 

脱ステロイドにおける運動に関しては、こちらの記事をご覧ください。

>>脱ステロイド中に運動する理由とは?オススメの運動3選!

 

脱ステロイドが間違いと言うお医者さんについて

 

アトピーの人が、病院に行って「脱ステロイドしたいんですけど。」と言うと…

ほぼ100%の確率で首を縦には振ってくれないでしょう。

脱ステロイドは間違い!というお医者さんがほとんど。

あ、脱ステロイドを推奨している病院を除いて。

 

脱ステロイドを始める人は、信頼できるお医者さんを先に見つけておくべきです。

中々、そういったお医者さんって見つけるのが難しいと思います。

しかし、中には親身になって話を聞いてくれるお医者さんもいるので、諦めない事が大切です。

私も苦労して最終的にたどり着いたのが、本で勉強していた大阪の佐藤先生

 

脱ステロイド。

ぶっちゃけ、死にかけました。

辛くて辛くて。

わずか2ヶ月ほどでしたが、佐藤先生の下で入院できたことで、今でも元気に生活できています。

詳しくはこちらをご覧ください

>>【大公開】阪南中央病院にアトピーで入院!闘病生活をブログで徹底解説

 

アトピーの治療法は、脱ステロイドだけではない

 

私は、アトピーに関して色々な治療方法を試した結果、脱ステロイド(脱保湿)に辿り着きました。

しかし、これがアトピーの治療法の正解だとは思っていません。

ただ、私には合っていただけとのこと。

 

アトピーで苦しんでいる人、脱ステロイドは間違いではありませんが、あなたにとって正解ではないかも知れません。

また、脱ステロイドの治療法は他の治療法と比べて、忍耐力と時間などの精神的な負担がハンパなくかかってくるので、しっかりと準備して行いましょう。

 

早くあなたのアトピーが良くなりますように。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

Yusuke
合わせてこちらもご覧ください!!
関連記事

 しんきちアトピーで困っているんだけど、全然治らなくて...。脱ステロイドをするとアトピーが完治するのかな? Yusuke私もかなり悩みました。本記事では、アトピーは脱[…]

アトピーは脱ステロイドで完治できるのか。
関連記事

 しんきちアトピー性皮膚炎でつらい。見た目がグロテスクな落屑って治りかけのサインなのかな? Yusukeつらいですね。私もアトピーなので痛いほど分かります。中でも見た目[…]

アトピーの落屑